脇の臭いの種類と仕組み

脇の匂いにはとても敏感な日本人。欧米諸国の人種は日本人以上にワキガなどの疾患を持っている人の比率が多いらしいですが、デオドラント対策などは全く気にしないのが常識となっている模様です。しかし、この日本ではたまに電車の中で強烈な臭いを醸し出している人、特に男性が多いですが耐えられませんよね

。また、そんな男を女性は好きになれませんよね。脇の匂いと書きましたが正しくは「臭い」と書くべきだと思います。食生活の欧米化が大きな原因とは言われていますが、全身に汗腺があるのに「なぜ脇の下だけ臭うの?」と思う人も多いでしょうが、それは他の汗腺とは明らかに異なる「アポクリン汗腺」が脇の下にはあるからなのです。ここから出た汗には細菌と反応しやすい成分が入っていて、汗をかいて皮膚に付着するとその皮膚にある細菌を増殖させてしまうためにあの「ワキガ」的臭いを発してしまうのです。汗をかかないなんて無理ですから、制汗スプレーでは防ぎようがありませんよね。

そんな経験を僕自身もしてきたので、美容外科クリニックに相談に行ったことがありまして、アポクリン汗腺を全て切除する手術を紹介されました。当時は50万近くかかりましたがローンを組んで手術を実施しましたが、術後の生活はとても大変でした。しかし最近は医療も進化して注射でヒアルロン酸を注入するだけの簡単な手術でも治せるので、まずは相談に行ってみてはいかがでしょうか。

脇の匂いに関する情報はこちらのサイトから

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*