血行不良で肌がくすむ?

10何となく肌が暗いな〜とか、透明感が無いな〜と感じた事はありませんか?

もしかしたら、肌がくすんでいるかもしれません。

肌がくすむと、ちょっと疲れた印象になりますよね。

年齢によっては実際の年齢よりも、老けて見られるなんて事も・・・。

それに、透明感があってワントーン明るい肌は、女性の憧れでもありますよね!

肌がくすまないようにするには、まず肌がくすむ原因を知っておく必要があります。

くすむ原因の1つに挙げられるのが、血行不良なんです。

人の肌は新陳代謝によって、新しく生まれ変わっています。

肌を新しくするには、肌細胞に栄養素を与えて、しっかりと細胞分裂してもらう必要があるんですが、血行が悪くなってしまうと、

細胞に栄養素を届け難くなってしまうんです。

すると、新しい肌細胞が作られにくくなり、古い細胞、いわゆる角質が肌表面を覆ってしまいます。

角質は古くなると、少しグレーがかった色になるそうです。

なので、血行不良になると古い角質のせいで、何となく肌がくすんで見えるんですね。

また、古い角質が溜まると当然、肌の透明感も失われてしまいます。

血行不良による肌のくすみを改善するには、ピーリングケアなどで、まず古い角質を除去する事がお勧めです。

古い角質が無くなれば、肌もワントーン明るくなり、化粧水などの浸透性もアップしますよ。

マッサージや入浴などで、血行を促すようなケアもお勧めです。

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*